忍者ブログ
豊胸手術の種類やサプリメント 〜女性の胸の悩み〜
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



【アナトミカルバッグ】
これはどんな体勢においても、綺麗なバストの形を維持したい方にはお勧めです

本来乳房は、
立っているとしずくの形になり下へ流れ、
寝ている状態だと両脇の方へ流れます

このアナトミカル型のバッグは、
流動性の比較的低い内容物が、立体時の乳房の形を優先します




【アシンメトリーバッグ】
乳房は左右アンバランスが自然な胸の形です

従来のバックの形は左右対称です
アシンメトリーバッグは自然な胸の形を忠実に再現し、
右胸用、左胸用
また、正面・横・下あらゆる角度から見ても自然な胸の形を実現しました

フランス厚生省とEUが認可した初の乳腺下専用豊胸バッグです。




【CMCバッグ】
継ぎ目の無いシリコンバッグ
滑らかな動きと、従来のバッグよりも感触が進化し、
見た目だけではなく触った感じも自然
極めて人間の乳腺組織に近い質感を備えているようです

CMC(カルボキシメチルセルロース)は、仏アリオン社が開発

変形しやすいということで手術は容易ですが、内容物が流出すると不都合が生じるということであまりお勧めできません。



PR

インプラント法によるバッグの種類


【コヒーシブバッグ】
人工臓器などの医療製品に使用されるシリコン製の極薄バックに
アメリカ厚生省(FDA)認可の安全性の高いシリコンが結合したもの

シリコンバッグやCMCバッグの短所を改善し、
安全性を高めたバッグ

中の液が漏れ出す恐れのあるシリコンやCMCに比べ、
ある程度硬くしたもので、万が一バッグが破損した場合でも
内容物が漏れ出す心配は無いとされています




【シリコンバッグ】
これはもっとも歴史の長いもので、世界各国で広く使用されていたバッグ

非常に柔らかく、違和感の無い自然な感触が特徴

1992年 アメリカFDAが
バッグ破損時の安全性による懸念からシリコンバッグの中止要請が出されましたが、
その後の研究により
発がん性、自己免疫疾患との因果関係が否定され、現在再び使用されています




【生理食塩水バッグ】
人間の血液、体液の浸透圧と等しい0.9パーセントの生理食塩水を用いたもの
医療現場では頻繁に使用されており、コンタクトレンズの洗浄液と同じもので、発がん性や自己免疫に異常を起こす心配はなさそうです
内容物は完全無菌処理された生理食塩水

万が一バッグが破損し、中の食塩水が漏れ出しても人体への影響はないと言うことで豊胸手術に用いられたようです

しかし、感触がやや不自然、内容物が漏れやすいことが欠点です




【バイオセルバッグ】
バリアコートと呼ばれるバッグを3層構造にする特許も持ち、
従来の豊胸バッグに比べて内容物が漏れにくい
3層にすることで破れにくく、シリコンが漏れにくい

表面は組織適合性に優れたテクスチャー加工されており、
皮膜拘縮も予防してくれるようです

形成外科の胸部形成分野で高い技術を有するマクガン社(アイルランド)で開発され、米国FDA許可申請を取得





人工的なものを体内に入れるのは不安
ウエストや太ももは痩せたい
肥満度の割にバストが小さい方

そんな方にお勧めかもしれません


【方法】
痩せたい部分の脂肪を吸引し、その脂肪を胸部へ注入することにより、バストアップを図ります。


【注入した脂肪は減らないの?】
多分こんな質問が出てくるでしょう

バストを飛躍的に大きくするのは難しいようですが、
注入した脂肪の生着率は10~20パーセントだと言われているようです

しこりにならないよう、また生着率を伸ばすために
細かく注入するようです

注入された脂肪には栄養がいきわたるよう細かい血管が発生してくるようです


【注入後の注意】
細かい血管がしっかり安定するまでは
揺らしたり、激しい運動は避けましょう


【脂肪幹細胞注入法が向かない人】
もともと細く、痩せたい部分が無い
乳腺が少ないなど

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 豊胸手術 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]